お金貸してもらうには

  1. 金融や銀行以外で無利息でお金が借りられる所って?
  2. 交番でお金が借りられるって知っていますか?
  3. 会社でお金が借りられる制度について
  4. 友人からお金を貸してもらうには?
  5. 友人からお金を貸してもらうには?

金融や銀行以外で無利息でお金が借りられる所って?

消費者金融でお金を借りる際、プロミスやアコムであれば無利息期間ローンがあります。

 

これで無理なくキャッシングが出来、つなぎ融資が受けられる事だと思います。

 

しかしこれはあくまで信用情報がブラックじゃない人に限られる事となります。

 

というわけで誰でもキャッシングが出来るというわけではありませんよね。

 

お金に困ったなと思った時にもし金融事故などで消費者金融がご利用出来ない場合、別の所からお金を借りるという事となるでしょう。

 

しかし消費者金融も銀行もどちらもダメだった際、もう残された道って数少ない事でしょう。

 

けれど無利息でお金が借りられる所って実はまだあるんですよ。

 

しかも街金でも闇金でもないんです。

 

最終的に何処でもお金が借りられない人が無利息でお金を借りる方法。

 

それは知っている人は既にご存知かもしれませんが、市区町村の社会福祉協議会となります。

 

地域にお住まいの方を支援する団体でお金に困っている人は相談すれば、生活福祉資金貸付事業というサービスを無利息で実施してくれたりするのです。

 

低所得世帯、高齢世帯などを対象に無利息、低利での緊急小口資金貸付を行っていたりします。

 

もし、どうしてもお金を借りる宛で困ってしまった場合、これらの支援団体の力を借りれば一時しのぎにはなるかもしれません。

 

無利息でお金が借りられる点は返済しやすいメリットがある事だと思います。

 

消費者金融や銀行がだめな人の奥の手としてご検討してみても良いでしょう。

 

 

▲上に戻る

交番でお金が借りられるって知っていますか?

よく昔に道中、帰りの交通費がないからとお金を貸してという中年男性と遭遇した事があります。

 

あまりに可哀想に思ってお金をあげている人もいたりしてたのですが、自分もお金をあげた経験がありました。

 

しかしよく考えると実はこんな事しなくても帰りの電車代とか交通費って簡単に借りる事が出来たりするみたいでした。

 

それはいわゆる、交番でお金を借りるという事になります。

 

勿論面倒だとか恥ずかしいからとかいう理由で訪れたくない人もいるかもしれませんが、一般の通行人にお金を借りるより全然マシだと思います。

 

ちなみにに交番でお金を借りられる制度の事を公衆接遇弁償費と言います。

 

事情があって所持金が無い人に対して交番側は1000円までなら対応してくれるという何とも有り難い制度。

 

但し遊ぶ為のお金や私用的な出費でお金が借りられるわけではありませんので、余程帰れないとか交通費が足りないなどの場合にのも適用される制度となっております。

 

もし交通費が凄く足りないという時は交番側が自ら自腹でお金を貸してくれる事もあるそうです。

 

このような例外では1000円以上お金を貸してくれる場合もあるようですが、大体は目安として1000円以内となっているみたいです。

 

いざ財布を落としたとか、お金を落とした、又はお金の入れ忘れなどで困った時はいざ交番に行けば事情を話せばお金が借りられるという事を覚えておいて良いでしょう。

 

 

▲上に戻る

会社でお金が借りられる制度について

何もお金を借りる必要があるからとはじめからキャッシングにこだわる必要は無かったりするんです。

 

確かにカードローンで金融や銀行系といった所へ申し込んでお金を借入する方が簡単と言えば簡単そうですよね。

 

しかし簡単に申し込めるからと言って簡単に審査に通って簡単にお金が借りられるわけではありません。

 

この審査が手ごわいって思う方がきっと多い事だと思います。

 

金融機関に諸事情を話した所で審査は全て機械による自動審査ですので、プライベートな事情を話した所で融資可決とはいかないってものです。

 

結局消費者金融などでお金が借りられないとなってくると、頼りに出来る所は身近な所となってくる事だと思います。

 

働いている人なんかであればお勤め先の会社なんかになるでしょう。

 

もし多々あるカードローンの審査に落ちた場合などでお金が何処からも借りられない時、最後の頼みは働き先の上司になる事でしょう。

 

会社では従業員貸付制度というのが適用されるので、止むを得ない状況でお金が必要な人へは会社側がお金を貸してくれる事があります。

 

給料から差し引かれるので、実質マイナスになるのですが、返済プランも社員に合わせて返済しやすい方向性で検討してくれます。

 

勇気がいるとは思いますが、キャッシングが出来ない身であっても交渉次第で会社でお金が借りられる制度がありますので、本当に困った時は上司の人にお金を借りる事を検討しても良いかもしれません。

 

 

▲上に戻る

友人からお金を貸してもらうには?

お金のトラブルでどんなに仲の良い友達、カップル、又は親戚同士であっても仲が壊れるという事はよくある話です。

 

これは借り手側の信用性にかかってくる事ですので、絶対知人からお金を借りる際は借入から返済に至るまでしっかりと対応したいというものだったりします。

 

少しでもいい加減に振舞ったり、返済が遅れる又は放置なんてしてしまえば、人間性を疑われてしまい、せっかく仲良かった人も離れていく事となるでしょう。

 

もし貴方が友人・知人などからお金を貸してもらう際、まず以下の事に気をつけてましょう。

  • お金を借りる前に契約書や借用書などを忘れずに作ってもらう事。
  • 借りたお金は返済日に必ず返す事(一日位なら大丈夫という安易な考えが事故のもとです)
  • 第三者の方などに仲裁に立ってもらう
  • 何回も続けて借りようとしない事。

つい顔見知り同士だといい加減になりがちです。お金を貸し借りするのですからここはきちんと線引きをしてしっかり対応していって下さい。

 

借りる側は敬意を払って、ちゃんと返済日までに返す事。

 

最低限のマナーをちゃんと守ってお金を借りる事はとても大事です。

 

例えどんなに仲が良い知り合いだったとしてもお金の取引という事を安易に考えてはいけませんし、それに甘えてもいけません。

 

お金を借りるからにはちゃんと指定日時に絶対返す気持ちでお金は借りましょう。

 

返済する際に気持ち分を上乗せして返済すると信用性もつきますし、困った時に又助けてくれる事かもしれません。

 

 

▲上に戻る

キャッシングでお金を貸してもらえる条件とは?

消費者金融や銀行、信販系などでも必ずカードローンには審査が存在します。

 

この審査は個人の信用性を特定する為に行われるもので、本当に契約対象としてふさわしいかを機械による審査で行っていたりします。

 

大手の金融や銀行であればこれはほほ絶対となっており少しでも不適切なデータや個人信用情報に汚点があれば、審査には通らないものとなっているのです。

 

大手でキャッシングしようと思っている方は確実にキャッシングによる融資可決を貰えるようにするためにも、事前にチェック項目をクリア出来ているかどうかの確認が最重要という事になます。

 

下記にあてはまる人はお金が借りられないという事になります。

  • 今現在働いていない(雇用形態、勤続日数、年収が問われる為無職はお金が借りられません)
  • 借入件数が特に多い(最低でも2〜3社が目安でそれ以上に該当する人は大手であれば審査落ちがほぼ確定)
  • ブラック(金融事故は金融業界が一番嫌うものとなっており特にブラックという立場では申し込む資格さえ無いとまで思われてしまう事でしょう)

キャッシングに安定した属性情報は絶対必須、これをクリア出来ていない人は残念ながら大手の消費者金融、銀行なとでお金を借りれる事はまず有り得ません。

 

ブラックあれば時効を待つ又は借入件数が多いのであれば一社ずつ完済したりおまとめを利用したりしましょう。

 

現に働いていない人であればパート・アルバイトでも週2程度でも良いので職につきましょう。

 

キャッシング申し込みは簡単でも審査は簡単じゃありません。

 

簡単に申し込めるからと言って軽はずみな申し込みを連続していては審査落ちを繰り返し申し込みブラックになってしまうかもしれませんよ。

 

▲上に戻る


このページの先頭へ戻る